初心者からでも迷わず利益に!「ゾーンスキャルFX」

Home >> ハンデス >> ハンデスがもっと評価されるべき10つの理由
Page: 1/50 >>

ハンデスがもっと評価されるべき10つの理由

1972年のハンデス

皆さんこんにちは

毎週恒例の呪鬼紹介の時間がやってきました

 

今回は前回最後に少し触れた「巽キマリ」を採用したタイプになってます

カード採用に関しては基本的に前回の記事を参照していただければ

ではいつものごとくデッキレシピからどうぞ

 

 

【呪鬼withキマリ】

魔界預言者マル・ドロム 3

ゴッドシーカー 司書ドール?レナ? 3

鎧闘鬼ラショウ 1

黒嫁ドール?ザンシア? 3

魔界騎士デストロイデン 2

魔界七将ベルゼビート 3

鬼神女王ジェラシックドール 3

闇輝石六将 機械獣神フェンリグ 2

鉄の覇王サイゴードゴレム 1

闇輝石六将 砂海賊神ファラオム 2

鬼死王龍デス・ラードン 2

創界神オシリス 3

巽キマリ 2

創界神ヘラ 3

No.3ロックハンド 2

式鬼神オブザデッド 2

スネークビジョン 2

戦国六武将ムドウ 1

計40

 

画像で見たい方はこちら

 

 

〇コンセプト

キマリの効果で各種バーストを使いまわし広く相手に対応できるように構築しました。

また前回よりもコントロール要素を減らし、相手のライフをより削り切りやすいようにしてあります。

 

 

〇採用カードの解説

バースト持ちスピリット…キマリで再利用するのが前提

・ベルゼビート

展開と除去を一挙に担うメインのカード。実際これを使いまわすだけでも十分強い。

 

・フェンリグ

砲撃の前に仕込むのはかなり難しいが決まればハンデスも可能な1枚。

手元のカードにも触れるので今回はヘクトル対策をメインとして採用した。

 

・サイゴード

前回のキャッスルと同じ枠。

現状だと基本的に相手依存になり出せることは稀であるが、リバイバル版だと相手の神技前にキマリで仕込むことができるので、召喚する機会は今よりも増えそうである。

 

・ファラオム

ミラー相手だとずっとこれを使いまわすだけで有利を取れそう。

系統:界渡なのも採用しやすい要因

 

〈その他〉

・オシリス

ずっと合わないと思っていたが、使ってみると消えないシンボルというだけで有難いと感じた。

ジェラシックドールへのコア供給要員であったり不意の除去としても便利であり、個人的には使用前後で評価が大きく変わった。

 

・マルドロム

創界神へのアクセスをより重視した結果。

詳しくは前回記事参照。

 

 

〇最後に

今回は短いですがここまでです。

感想としてはサイゴードが少し使い辛いと感じました。

先程述べましたが、リバイバル版覇王Xのバースト条件がキマリとの相性がかなりよいので新弾発売後に改めて試してみたいと思います。

来週はまた形が少し変わると思いますが、何かあれば途中経過を報告できればと思います。

 

それでは。

みんな大好きハンデス

からばこです。

本日ウィクロスのキーセレクションがオープンしました!皆さんアンロックしてますか?

私はさっそくカードを集め、自分のデッキを組んだり、友人が組んだデッキとバトルバトルしたりと、みっちりセレクターライフを楽しんでおります。

その分、明日1日は忙しいことになるんですが……。一番の趣味の新しい門出に立たないわけにはイカないじゃない!

 

ということで、ピルルク・レイラ・グズ子・翠子の4ルリグ、全部に触れてきました!

自分で組んだのはピルルクだけですが、友人たちが残りを組んでいたので、現時点での感想などを、だーっと書いていきます。

今後何かのお役に立てれば幸いです。よろぴるね!!

 

(はじまるよ!!)

 

 

【レイラ】

(りーんぐーにー、いーなずまはーっしりー)

 

バッキバキな腹筋が目を引く新ルリグ。

新ギミック「ライド」をひっさげ、赤らしくガンガン来ます。

「ファイトラが入るんじゃないか?」というイメージがありましたが、そこまでファイトラに依存しているわけではなく、新規ルリグ・シグニを軸に、アグレッシブな攻めを楽しむことができます。

 

デッキの中心が専用シグニの<エフワン>です。

(ぶーん)

 

出現時赤2で乗機をリクルートし、後続確保もバッチリ。パンプ、ライド時アサシン、ルリグがデッドエンドであればダブルクラッシュ付きという、キーセレ環境ではかなりの火力を誇ります。

また、隣に<ゼロセン>(パワーが10000以上であれば、アタック時に7000以下焼き。レベル3・8000)を立てることでお手軽2面要求に。もう1面には<アシスト>(シグニがドライブ状態になった時、赤1で3000以下焼き)を立てて動くと、要求値が上がります。

アシストはレベル2なので、序盤からライフを削りに行けるのも魅力。隣に<ママチャ>(このシグニがドライブ状態になった時、デッキトップを見て乗機だったら回収)を立て、ママチャアシストで攻めていくのがぐっどです。

 

もう1枚の<ロドローラ>は、アタックフェイズ中にドライブ状態を解除できます。

 

自動・ターン1:あなたのシグニ1体が対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュしたとき、そのシグニをバニッシュしてもよい。そうした場合、あなたはカードを2枚引く。
自動:あなたのターン終了時、あなたは手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、あなたのデッキの上からシグニがめくれるまで公開する。そのシグニを場に出し、この方法で公開されたカードをトラッシュに置く。

 

こんな感じの効果です。

例えば「ゼロセン・エフワン・ロドローラ」の盤面で、エフワンにドライブ。

ゼロセンでロドローラの正面焼き、エフワンでアサシン(デッドエンドでダブクラ)、ロドローラ効果でエフワンバニッシュ、ロドローラで1点、ルリグでもう1点、みたいな。

「レイラはルリパンしないからサーバント抱えなくていいやー」という相手に、不意の一発をお見舞いできたりします。頭に入れておくとよいです。

 

ルリグはデッドエンドだけでなく、スターターのフルスロットルでもいいようです。

コイン1枚でデッキから乗機を1枚引っ張ってこれるので、常に安定した盤面を作りやすくなります。

対ピルルクの時に安定感が増しますね。

 

(全面ライドは強烈なので、このカードはやはり欲しい)

 

ピルルクの<キャプテン・フック>のバニッシュ耐性が硬いので、バニッシュ以外の防御アーツも入れたいところです。

キーはメタ的要素が大きいので、色々試してみてください。

 

 

【グズ子】

(ストラクが無いとあなどるなかれ)

 

ダイレクトも魅力ですが、トリック勢の点数要求が結構強烈です。

<J・リッパー>が出現時に偶数レベルのシグニをマイナス5000、アタック時にデッキトップのレベルを当てればマイナス10000と、合計15000を振れるので、キーセレでは全部溶けます。<ヤミガネ>は黒1で相手シグニを入れ替え、アタック時にそのシグニを除去。お手軽2面要求です。

(たいつえろい)

 

(トイチ!トイチ!)

 

残り1面には<ハリテン>(アタック時にデッキトップを2枚落とし、オチがシグニの合計レベル×1000マイナス)を置いておしまい。

グズ子のダウン時効果で仕込んだり、デッキトップをいじるシグニやスペルを使えば簡単。そうでなくても、相手からすれば「死ぬかも……?」と見えないプレッシャーをかけられているので、自然とキル要求になりますね。対あーやで「チュモーイ」を止めるの?っていうのと一緒です。

 

で、この盤面を毎ターン構築してきます。

<インサイダー・サルベージ>。やっぱり強かったです。

(これあなたのです〜!)

 

インサイダーがある分防御力は薄くなりますが、それ以上に相手への要求値が高いです。

キーはリルをよく見かけました。延々と続くリソースで、ガンガン3面要求をしていきましょう。

これでストラクを控えてるっていうんだからまあ怖いですよね……。ヘルボロスまだですかー?

 

 

【翠子】

(ぬりたく〜る、テンタクル!)

 

緑子が翠子になって新登場。ひっとえーの活躍が楽しみですね。

新刊ではボッコボコにしてすみませんでした。その恨みを晴らそうと、なんか容赦なく襲い掛かってきます。

 

グズ子で「ガンガン3面要求してくるぞ!」と書きましたが、翠子はそれ以上の勢いで、3面要求してきます。

下手すればレイラよりも火力があるんじゃないか、ってくらいの殺意です。緑子時代からすごかったけど、今回もすごいわ……。

 

(これな)

 

「ぷちの?ぁ」こと<大願成就>です。ガンマバーストと読みます。

エナを焼かなくなった大器晩成、ないしは因果応報。緑3無色1で、ぽんっと3面トラッシュ送りです。

キーセレクションのアーツには3面防御がほぼないため、まあこれで死にます。

 

それをレベル2〜3から1発飛ばしてくるんだから困ったもんだよね……。

<アルラウネ>(出現時に「このターン、次に撃つ緑のアーツのコストを−無色1する」or隣接するシグニを+3000する「レベル2」)や<ティンペル>(コストの合計が3以上のアーツのコストを−緑1する「レベル3」)でコストを減らしてぶっ放してきます。上の2体が並べば緑1無色1で全面送りです。

一応いいますが、これはキーセレクションです。レベル4までにライフが吹き飛びます。まあしんどいんだ……。

 

キーは華代さんです。

出現時に2面バニッシュ、エクシードで1面バニッシュ。強い!

バニッシュによる防御はキーセレクション配下で最高クラスのスペックを誇ります。死にます。

 

で、それに加えて<イバラヒメ>のクラフトアーツによる除去もあります。

(とげとげタルめいろ)

 

対翠子の経験が一番少ないのですが、2戦しただけで「あー無理だわこれ」となりました。

キーセレトップメタな気がします。まあ……、色々と試してみましょう。どうしよう。

 

 

【ピルルク】

(シークレットを買いました)

 

えーっと、ハンドレスで戦うっていう話ですね。

詳細はこっちの記事()に書きましたので、今回は回した感想をば。

 

まず<マノミン>(出現時にお互い1ハンデスのレベル1)が滅茶苦茶優秀です。

マノミンや<フォルネウス>(アタック時トップが悪魔ならエナチャ1)でリソースを伸ばしつつ、手札を0にしていきます。

いやもう上の記事に書いたとおりなので読んでくれっていう話ですが、4に乗った後はいかに<キャプテン・フック>を切らさず展開できるか、がポイントのようです。ドロー力を鍛えましょう。

フックの正面を<シュテンド>で焼いて、バニッシュ耐性でじわじわ詰めていく、といった流れです。

ハンデスはマノミンに加え、<DEVIL SEAL>や<MIRACLE><PRAYING>でなんとかしていく、という具合ですね。もしくはフルパンしてゴリゴリ体力を奪っていく点点。

 

また、<ドント・ムーブ>の防御性能が破格で、キーピルルクのエクシード2と合わせれば、3面防御になります。<ドント・リブミー>も含めると、3面防御を2回構えられることになりますね。

ダウンさせたシグニは<MIRACLE>の凍結効果でロックしておいてお茶を濁す、といったこともできますので、思った以上に戦えます。

まあ……、火力がなさすぎてお察しなので、キーピルルクを華代さんにしてみるとか、防御をもっと厚くするならドーナキーにして、エクシード4を使ったあとにフックを持ってくるとか……。どうしよっかなあ……、といったところです。

フックのバニッシュ耐性も、グズ子のマイナスや翠子のトラッシュorエナ送り、レイラのアサシンには無力なので、そこんところどうしたもんかなあ……、というね。色々と考えているところです。

 

(このカードをいかに使うかがポイントみたい。トラッシュに1、エナに1欲しいので2枚採用しました)

 

 

と、ざっくばらんですが書いてみました。

「圧倒的火力の翠子」「爆発力のレイラ」「継戦能力のグズ子」「防御のピルルク」といったところですね。

まだ環境初日で、何がどうなっていくのか何も読めません。2か月後にはまた4人追加されるので、とりあえず様子見、といったところです。翠子が頭1つ抜けた感じかなあ……。

カードパワーが大きく落ちましたが、かなりいい感じの調整になっているので、これまでウィクロスをしていた人でも、十分楽しめるんじゃないかなあと思います。後は実際に触れてみて、色々感じていただければな、と思います。

限定なしSRもかなり個性的な能力を持っています。4へのグロウコストがなくなったので、多色を入れても影響は少ないようです。何もかもがリセットされましたし、誰にでも新しいデッキタイプを生み出すチャンスはありますよー!

もちろん、オールスター環境にも、何かしらの影響を及ぼしたりして……、ね?

 

(例えばこの子に「コードイート・トンカツ」をアクセしてトンカツ効果でバニッシュした場合、緑のアーツを拾えるっていう……、ね?)

 

 

私は引き続きピルルクを煮詰めるとして、もう1人はグズ子か翠子かな、と考えています。

「メインフェイズにアーツを撃てない病」を克服するために、翠子と頑張ってみようかと思ってみたり。

色々と気分一新したので、あまり肩肘をはらずにゆるゆると遊んでいきたいと思います。財布クロスはガンガン割っていけ!!

 

それでは、また。

朝から突っ走ってたので眠いです。寝たいです。

 

 

【8月23日追記】

この記事はたくさんの方に読んでいただいております。ありがとうございます。

フルスクラッチに登場したタマ、リル、カーニバル、リメンバの解説は、「」にございますので、こちらも合わせてお楽しみください。

ハンデス情報天国

こんにちわ!
思い出のデュエマです!(^^)



第1弾「ボルシャック・ドラゴン」

第2弾「誰もが憧れた3枚のドラゴン」

第3弾「孤独と絶望の悪魔神」



に続いて4回目のカード紹介です!





そして今回はブログの後半に
豪華プレゼント企画の詳細がありますので
最後までお楽しみください!??
※このプレゼント企画は終了しました!






今回紹介するのは
あのザキラの切札として勝舞を破った
「暗黒王デス・フェニックス」です!






《暗黒王デス・フェニックス》




聖拳編で登場した5枚の進化Vの内の一枚!

デュエマ史上初のフェニックスであり
4マナと低コストでありながら
「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」を
彷彿させるシールド焼却効果に加え、
バトルゾーンを離れたときには
相手の全手札を道連れにするという
凶悪な破壊効果を持つカードです。


その強さとかっこよさから
当時の子供達はみんな
スーパーレアの進化V達に憧れました!





そんな「暗黒王デス・フェニックス」が
初めて登場したのは

勝舞 VS ザキラ の最終決戦。






「こいつがおまえの父を
                             殺した超獣だ!!!」


勝舞の父・勝利を破ったザキラの切札。


登場シーンからすでにもうカッコいい。













埋め込んだS・トリガーも焼却され、
その破壊力の前に勝舞は追い詰められる。


友のためにもデュエルを放棄し
勝舞はザキラの仲間になるべきなのか。









(参照 : デュエル・マスターズ 17巻)



ザキラに追い詰められつつも
決してデュエルを諦めない。

これぞ、デュエル・マスターズの主人公!



仲間を信じるその姿を誰もが応援しました!

本当にカッコいいシーンですよね!



また名もなき島では
デュエルマスターのトーイも
「暗黒王デス・フェニックス」を
使っています!


そんな場面を振り返ってみましょう!


トーイ VS ザキラ のデュエル戦



このデュエルはザキラとトーイの2匹の
「暗黒王デス・フェニックス」が対峙する
非常に熱いデュエルです!







ザキラがまず「暗黒王デス・フェニックス」を召喚!

トーイに強烈な一撃を喰らわせます。



恩師である勝利を殺された事実を知り
これに反撃するトーイ。

勝利と交わした約束を破り
我を忘れてしまいます。






トーイの白く輝くデス・フェニックス!


トーイのデッキは
デスフェニックス以外の闇文明のカードを
採用していないデッキなんです!


闇のマナは「薫風妖精コートニー」で確保、
進化元は「無垢の宝剣」で補っています!




さすがはデュエルマスターのデッキですね!








(参照 : デュエル・マスターズ FE 1巻)



勝利の仇を討つためトーイは
デスフェニックスでデスフェニックスを破壊。

「目には目を、歯には歯を」という展開です。

二匹の闇の鳳凰は相討ちとなり、
お互いの手札は0。
デュエルは振り出しに戻りました。


そしてこの島の半分を消失させるほどの一撃。

これぞデュエルマスターの持つ力です。



こんな風に暗黒王デス・フェニックスは
その強さでデュエマ界に激震を与えたカードと
言っても過言ではありませんでした。



そしてここでちょっと豆知識!!







デスフェニックスの胸元に
ドラゴンらしき顔があるのが分かりますか?



これはあるドラゴンの顔なんですけど
みなさんわかるかなー?


実はこの胸にある顔は「神滅龍騎ガルザーク」なんです!



進化元として使われたことを
イラストによって表現しています!

でも漫画ではその描写はありませんでしたよね。

(漫画のデスフェニックスの胸元にはそれらしき顔がありません)





ではどこでその設定が
できたのでしょうか!?





その真相を知るために深掘りしていきます!







ここでまた皆さんに質問です!



みなさん覚えてますか?
もしくは知っていますか?


デュエル・マスターズの映画
劇場版「闇の城の魔龍凰」
(カース・オブ・ザ・デスフェニックス)




2005年にロックマンエクゼ 「光と闇の遺産」と同時に公開されたデュエマ初の映画でした!


映画の名前にもなってることから分かる通り、
実はこの映画にも
「暗黒王デス・フェニックス」が
登場しています!





映画の展開はこんな感じです!



ヤーク島に招待された勝舞達。

しかしそれはオルフェ姉弟達が
ガルザークの封印を解くための罠だった。



オルフェとの一戦目。

「神滅龍騎ガルザーク」が登場し
攻撃を受けない効果とT・ブレイカーで
勝舞をデュエルで圧倒する。

ここで勝舞は負けてしまいます。



デュエルに負け落ち込む勝舞。
勝舞が負けたことで
ガルザークの封印が解けてしまいます。

そんな彼を仲間が勇気づけ、
オルフェとの再戦へと向かいます。





そしてオルフェとの最終決戦。


ガルザークを再び召喚され
切札の「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」も破壊されてしまいます。

苦戦を強いられる勝舞。



そしてガルザークが
「暗黒王デス・フェニックス」へと進化!

世界を闇に包み込んでいきます。







ここの描写がデスフェニックスの
イラストとなってるんです!!

本当に手が凝ったイラストとストーリーです!

(そしてもうガルザークがカッコよすぎる…。)



またもや追い詰められる勝舞!

しかしギリギリのところで
「炎龍凰エターナル・フェニックス」を召喚!

そしてその光り輝く4本の剣で
オルフェの
「暗黒王デス・フェニックス」を破壊!





見事オルフェに勝利します!


(この映画のシーンもあってエターナルフェニックスの登場時の人気は相当なものでした!)





またこの映画では
前売り券予約特典として先ほど紹介した

「神滅龍騎ガルザーク」



そして入場者特典として

「無双竜機ドルザーク」

が貰えました!


(ドルザークは映画内で勝舞が使っています!)


映画を観た後、家に帰ってから
このドラゴン達を使おうと
デッキを組んだ人も多いと思います(^^)
懐かしい思い出ですね。




14年も昔のカードですが、
「暗黒王デス・フェニックス」が
今だに愛され続ける理由が分かりますね!



そんな人気からか、
極神編では派生カードも登場しています!


《暗黒凰ゼロ・フェニックス》


コストは重くなりましたが進化元がかなり緩くなり、全ハンデス効果が2枚のハンデスとランデスに変わっています!

また映画では打ちのめされた「炎龍凰エターナル・フェニックス」を道連れにするパワーを習得しています。

そして手に持っている剣がガルザークの背中に突き刺さっている剣によく似ています。
きっとこの辺も考えられてイラストが描かれているんでしょうね!ん〜、奥が深い!!





以下 プレゼント企画の応募は終了いたしました(^^)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして最後に!



みなさんお待ちかねの

プレゼント企画の詳細です!!!







今回はブログの内容にも合わせて


初期版 「暗黒王デス・フェニックス」


をプレゼントカードとして用意しました!(о´∀`о)





そして今日は七夕??

プレゼントも豪華にしてみました!



初期版「暗黒王デス・フェニックス」

だけでなく



映画限定版

「神滅龍騎ガルザーク」

「無双竜機ドルザーク」



の2枚を合わせて
合計 3枚のプレゼントです!!






気になる応募方法は

このブログを紹介しているツイートの
リツイート & フォローです!



応募期間は

7/16(月)までです!




今回はプレゼントも豪華なので
みなさん楽しみにしてくださいね!(^^)



たくさんの応募待ってます!!
(((o(*゚▽゚*)o)))

ーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−






さてさて

今回のブログはいかがでしたか?



今回もかなり濃い内容になってしまいました(笑)



ブログの感想をリプやコメントで
教えていただけるととても嬉しいです!(o^^o)





今回も私のブログを読んでいただき
本当にありがとうございました!(^^)

ハンデス 関連ツイート

【ドロマーイエス】至宝オールイエスというクロスギアを用いてビートとハンデスを行いアドバンテージを稼ぎながら戦うデッキ。ドロマー色のシステムクリを多く採用する。状況に応じてメタをはりやすい。デッキ特性上時空の雷龍チャクラを採用するデッキが多い。
対策カード:爆竜GENJI・XXなど
@okonomiyaki31 ハンデスで見えたカード公開したままプレイします
igob破壊してハンデスしたいだけなら緑多目にしてさっさと出せばよくね
紫ルインワンハンだから問題ないけどまだハンデス使いいるんかよー
-----
| - | - | pookmark | category:ハンデス

link

link

トレンド情報
急上昇ワード
人気のアレ
羽島の日記
七瀬の日記

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode